• お店紹介
  • 伝統工芸について
  • 伝統工芸士匠の技
  • 店頭商品一覧
  • ネット販売商品
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • HOME
  • 伝統工芸士匠の技

箱根寄木細工 石川一郎(伝統工芸士)

豊かな色彩と美しい木目を活かし、伝統を継承して二百年。歴史が作り上げてきた幾何学模様の「寄木細工」と絵画模様の「木象嵌」の技術を生かし、さらにそこに現代の独自性を加えることで当店オリジナルの製品を作り上げております。
それらの製品は、長年の鍛練と経験により体得した3つの職人の技と心を込めた渾身の作です。

第一 有色天然木材の選択
第二 デザイン
第三 単一素材ではない色や堅さなど性質の異なった種木の加工技術

手作りでしか味わえない温かいぬくもりと伝統的な真の美しさを堪能してください。今後、私たちは経済産業大臣より伝統的工芸品として指定された業界としてさらに一致協力を図り、品質と意匠の向上に努めてまいりますのでどうぞご愛用賜りますようお願いいたします。

  • 【1】寄木模様の色合いに適した木材を配色順に並べ接着剤を塗布して積み重ね万力で圧着させます。
  • 【2】重ね合わせた木材を型に合わせて単位模様の一辺を手鋸(のこ)で切断します。
  • 【3】さらにこの一辺を型に入れ、手鉋(かんな)で正確に仕上げます。
  • 【4】完成された単位模様の一辺を一組ずつ接着剤で合わせ、あて木で守りながら紐で締めます。
  • 【5】それらをいくつか組み合わせ、単位模様となるように手鋸(のこ)で切断します。
  • 【6】切断された単位模様をさらに接着し、その作業を繰り返しながら大きな模様材を作っていきます。これを種木といいます。
  • 【7】特殊な大きな鉋(かんな)で丁寧に一枚ずつ「ズク」を削ります。
  • 【8】ズクの縮みをアイロンで伸ばし、これを接着剤を塗布した木箱等に押し当てこすりながら貼り付けていきます。
  • 【9】木箱を半分に切断して印籠(箱内に貼る板)をつけることで、蓋を作ります。最後に蓋を滑らかに削りズクを貼り付けて製品となります。

木象嵌 石川善弘(木象嵌技能士)

地板にミシン鋸で絵柄を切り抜き、色彩豊かな同型の絵柄のパーツをはめ込んだものを薄くスライスすることで一つの絵画に仕上げます。
ぴったりはまりすぎても、またゆるすぎてもスライスしたときに材木同士がはがれてしまうたいへん高度な技術を要する作品です。それゆえ、世界的に例のない伝統工芸技術と賞される木象嵌は継承者不足ともなっています。
寄木細工職人であった経験を生かし、そこに独学から得た私オリジナルの技を加えて木象嵌を今に伝えております。木象嵌に寄木細工を嵌め込むという手法もその経験から生まれた賜物でした。
絵画としても木材を使うという点で絵のタッチは変わりません。それだけに配色や木目模様の組み合わせ、また寄木細工の模様に細心の心配りをしております。 どうぞ先人から受け継がれるこの精微な木材の芸術をご覧ください。

  • 【1】カーボン紙の上から絵をなぞり、地板に絵柄を写します。
  • 【2】嵌め込むパーツを作成します。線が入る部分には薄い板を差し込みます。
  • 【3】地板をパーツと同じ大きさに切り抜きます。
  • 【4】地板に絵の一番背景からパーツを直角にはめ込んでいきます。
  • 【5】順番を間違えると修復はできないので常に順番を意識します。
  • 【6】仕上がったら、幅の広い鉋(カンナ)で削ります。
  • 【7】薄くしたズクを板などに貼ります。
  • 【8】塗装をし、製品になります。
ページの先頭へ